屋根材の重さについて

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
山本瓦工業(株)営業部 村上です。
 
強い地震が発生する度に「瓦は重たいから…」と敬遠されてしまいますが、実は重たいのは瓦ではなく、瓦を施工した際に使用されている葺き土です。
もちろん瓦自体も軽くはありませんが、瓦と同等程度の重量の葺き土が使用されています。
 
葺き土を使用(※土葺き工法)していたのは30年程度前までで、現在の新築屋根では葺き土を使用しない乾式工法となっております。
 
 
重量順に並べてみますと…
瓦土葺き工法
  ↓
セメント瓦
  ↓
瓦乾式工法
  ↓
スレート屋根
  ↓
金属屋根一番重い「土葺き」に比べて「金属屋根」は10分の1以下の重さとなります。
ただし、防音性能や断熱性能は瓦葺きに勝る素材・工法が無いのが実情です。
 
素材の性能だけではなく、工事仕様も含めた性能(防水・防音・断熱)を考慮して屋根材選びをお願いしたいと思います。
 
お客様のご希望はもちろんの事ですが、工事仕様や性能も含めて、お住まいにはどのような素材選びが良いのかを一緒に考えられればと思います。
 
 
 

屋根、外壁、雨樋、雨漏り修理の事なら豊橋市で屋根外壁リフォーム実績No.1の山本瓦工業まで、お気軽にお問合せください。


山本瓦工業グループ「スマートルーフ」


〒440-0814
愛知県豊橋市前田町2-9-10
TEL 0120-56-4622

instagram
http://www.instagram.com/smartroof.yamamotokawara/

facebook
https://www.facebook.com/smartroof4622/

 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ