瓦は大丈夫、けれども周辺のメンテナンスは?

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

ブログをご覧いただきありがとうございます。
山本瓦工業 営業部 村上です。

屋根材において「瓦」の耐久性は特筆すべきものがありますが、屋根材だけで成り立っているものではありません。

構造躯体・下地材・下葺材・固定用材料・止水材なども含めて全体で建物を守っています。

これまでに「漆喰補修」「棟の改修」「谷樋のカバー」などのメンテナンス事例を紹介して参りましたが、今回は「下葺材」についてご紹介したいと思います。
現在の下葺材の主流は「ゴム化改質アスファルトルーフィング」「高分子樹脂ルーフィング」などで、30~50年の耐用年数が想定されていますが、古い建物には当然使用されていません。

では、それ以前の下葺材はどのような物が使用されていて、どのような状態になっているのでしょうか?

棟の改修工事にて、40年前の瓦を部分的に取り外した画像をご覧ください。
これは当時の樹脂素材のシート(黒いもの)ですが、経年劣化によりボロボロになっています。
これではもう防水の役目を果たしていません。

一方で、50年以上前の葺き替えの画像をご覧ください。
杉皮の上に大量の土がしっかり残っていて、まだまだ防水の役目を果たしています。

現在主流の下葺材も、素材の耐久性はもちろん大切ですが、屋根材を含めた周辺のメンテナンスによって経年劣化の度合いは大きく違ってくると思います。

大切な建物を長く使って頂くために、定期的な点検とメンテナンスの実施をオススメします。

点検・メンテナンスについては、経験豊かな当社にぜひご相談下さい。



屋根、外壁、雨とい、雨漏り修理の事なら豊橋市で屋根外壁リフォーム実績No.1の山本瓦工業まで、お気軽にお問合せください。


山本瓦工業グループ「スマートルーフ」


〒440-0814
愛知県豊橋市前田町2-9-10
TEL 0120-56-4622

instagram
http://www.instagram.com/smartroof.yamamotokawara/

facebook
https://www.facebook.com/smartroof4622/

 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ