鳥害対策の相談~屋根瓦編~

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

豊橋市の創業93年屋根外装工事業者にご相談ください!!

屋根瓦や太陽光パネルの隙間にハトやスズメが入らないようにしたい方必見!


屋根瓦の隙間や太陽光パネルと屋根材のスペースにハトやスズメが巣を作り、その汚れなどでお悩みの方からのご相談もこの季節になると増えてまいります。


薬を撒いたり、超音波を出したり、ネットや反射物を設置するなど色々な対策がありますが、基本的な鳥害対策はやはり鳥が侵入できなくしたり、巣を作れない状況にすることです。

屋根瓦の下に巣を作るケースでは、瓦と屋根下地の僅かな隙間(スズメは15㎜以上あれば侵入できます)から屋根瓦の裏側の隙間に侵入します。

鳥も外敵からの攻撃を受けず、暖かい場所を選びたいのでしょう。

鳥が侵入できる隙間があるから巣を作られてしまうのです!
その隙間を無くすことが最善の対策であるとも言えます。

瓦の隙間は屋根の端部にあたる軒先(先端部分)やケラバ(両端部分)の役物瓦部分に出来やすいのですが、闇雲にコーキングをしたりすると瓦の重ねから侵入した雨水の出口が無くなり雨漏りに繋がることがあります。

鳥害対策用の部材もございますので、必ず屋根専門業者にご相談ください。




 

屋根、外壁、雨樋、雨漏り修理の事なら豊橋市で屋根外壁リフォーム実績No.1の山本瓦工業まで、お気軽にお問合せください。


山本瓦工業グループ「スマートルーフ」


〒440-0814
愛知県豊橋市前田町2-9-10
TEL 0120-56-4622

instagram
http://www.instagram.com/smartroof.yamamotokawara/

facebook
https://www.facebook.com/smartroof4622/

 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ