放水検査

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

台風シーズン前になると、「雨漏り調査」のお問い合わせが急増します。

これまでにもいくつかをご紹介しましたが、雨漏り調査は段階を経て調査を行います。

■第1段階・・・「外回りの調査」

■第2段階・・・「屋根裏の調査」

■第3段階・・・「放水検査」

■第4段階・・・「天井を解体または天井点検口を取り付けての調査」

以上のような段階で調査を実施しています。


今回ご紹介致しますのは「放水検査」で原因が判明したケースです。


強雨により、天井に雨染みが出来てしまったお宅に訪問しましたが、「外回りの調査」「屋根裏の調査」では雨水の侵入経路が解明できませんでした。

お客様の了解を頂いて、その場で放水検査を実施したところ、雨戸の戸袋と外壁の取り合い部に水をかけた時に(ポタッポタッ)と水の音が聞こえ始めました。


暫く様子を伺っていると、もともとあった雨染みが、徐々に大きくなってきました。
根本的な解決のためには、外壁の一部やりなおし工事が必要ですが、お客様のご希望で、まずはシーリングで様子を見るとのことでしたので、この場ではシーリングを施して、次の強雨まで待ってみました。

数週間後、お客様から連絡を頂戴しましたが、強雨の時も大丈夫だったとの報告。火災保険も適用できたそうで、これから本格的な補修工事が始まります。

しっかりと被害部の補修工事(天井材も含めて)を実施していきます。


※火災保険が適用できるか否かは、お客様の契約されている「保険内容」や「対象の部位」などによって異なります。詳しくは保険会社にご確認下さい。 



屋根、外壁、雨樋、雨漏り修理の事なら豊橋市で屋根外壁リフォーム実績No.1の山本瓦工業まで、お気軽にお問合せください。


山本瓦工業グループ「スマートルーフ」


〒440-0814
愛知県豊橋市前田町2-9-10
TEL 0120-56-4622

instagram
http://www.instagram.com/smartroof.yamamotokawara/

facebook
https://www.facebook.com/smartroof4622/

 

 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ