なぜ?強風で瓦が飛散してしまうのか?

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

長い年月を経過したお住まいの屋根材が強風により飛散してしまうのは、経年劣化により止むを得ないと思いますが、建てられて20年~30年程度の比較的新しいお住まいの瓦が飛散するのは何故?とよくご質問を受けます。

原因のひとつは「土葺き工法」から「乾式工法」に施工方法が変化して、ガイドライン(施工基準)が間に合っていなかった事にあると思われます。

30年程前の施工基準(主に住宅金融公庫の仕様書)では、瓦は4段毎に釘打ちと記載されています。
つまり「4分の3は釘で留まっていない」のが仕様通りの施工となっています。


通常の強風程度では飛散しませんが、台風のような突風時には飛散してしまうのは止むを得ない状態です。
15年程前に、瓦は2段毎に釘打ちとすると改定されていますが、強風地域を除き、まだ全数の釘打ちを義務付けられていませんでした。

近年では全数釘留めが一般的となっていますが、築15年程度のお住まいでも、部分的に釘留めされていないケースが多く見受けられますが、決して施工不良という事ではありません

現在のお住まいが、土葺き工法なのか乾式工法なのか?
釘打ちの位置と状態は?補強の方法と費用は?

状態の調査から御見積りまでは無料で実施致します。



屋根、外壁、雨樋、雨漏り修理の事なら豊橋市で屋根外壁リフォーム実績No.1の山本瓦工業まで、お気軽にお問合せください。


山本瓦工業グループ「スマートルーフ」


〒440-0814
愛知県豊橋市前田町2-9-10
TEL 0120-56-4622

instagram
http://www.instagram.com/smartroof.yamamotokawara/

facebook
https://www.facebook.com/smartroof4622/

 

 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ