補強工事について!!②

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

前回、袖瓦と軒瓦の補強工事についてお伝えしましたが、今回は別の補強工事をご紹介します。

瓦の屋根全体で、一番多く使用されている瓦を 『桟瓦』 (さんがわら) といいます。

この桟瓦の桟山(さんやま)という部分にシーリング接着を施します。

桟瓦の桟山に1枚1枚、全数に渡ってシーリング接着を施すことにより、瓦のズレ防止の補強になります。

桟瓦のシーリング接着は、瓦のズレ防止策ですので、雨漏りを止める工事ではありませんので、ご注意ください

同様に、棟部もシーリング接着を施すと、補強の強度はアップします。

さらに前回、お伝えした軒瓦・袖瓦のステンレスビス留めの補強工事と併せて行うことで、強風による瓦の飛散をさらに防止することができます‼

今一度、ご自宅の屋根を確認してみて下さい。
少しでも気になるところ、不安な箇所がございましたら、屋根の点検・調査をすることをおススメします。



屋根、外壁、雨樋、雨漏り修理の事なら豊橋市で屋根外壁リフォーム実績No.1の山本瓦工業まで、お気軽にお問合せください。


山本瓦工業グループ「スマートルーフ」


〒440-0814
愛知県豊橋市前田町2-9-10
TEL 0120-56-4622

instagram
http://www.instagram.com/smartroof.yamamotokawara/

facebook
https://www.facebook.com/smartroof4622/


 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ