サイディングの種類やメンテナンス時期



こんにちは!
山本瓦工業の犬飼です。

今回は、サイディングのメンテナンス方法をご紹介致します。

1.サイディングとは



外壁に張る仕上げ用の板材のことを「サイディング」や「サイディングボード」といいます。
デザインが豊富で、工業製品であることから製品の品質が安定していることも大きな特長です。

そして、重要なのが軽さです。
モルタルに比べ、窯業系サイディングの重さは2分の1以下、金属系サイディングは約10分の1です。


2.サイディングの種類と採用比率


住宅の外壁の主流となったサイディングは、材質によって大きく分けて4種類。

・窯業系サイディング 外壁材全体の約70%程度
・金属系サイディング 外壁材全体の約10%程度
・木質系サイディング 外壁材全体の約2%以下
・樹脂系サイディング 外壁材全体の約2%以下
になります。

3.サイディングのメンテナンス時期

 

同じ外壁材でも、日がよく当たる面の劣化スピードが速いなど、最適なメンテナンス周期は、ケースバイケースですが一般的に新築から

・窯業系サイディングの場合は、10年で塗り替えが必要
・金属系サイディングの場合は、10年~15年で塗り替えが必要
・木質系サイディングの場合は、8年~10年で塗り替えが必要
・樹脂系サイディングの場合は、15年~20年で塗り替えが必要
と言われております。



また、いずれも30年以降のメンテナンスは、張替えも必要になる場合もあります。
以上がサイディングの種類とメンテナンス時期になります。

屋根、外壁、雨とい、雨漏り修理の事なら豊橋市で屋根外壁リフォーム実績No.1の山本瓦工業にお任せください。


山本瓦工業グループ「スマートルーフ」

〒440-0814
愛知県豊橋市前田町2-9-10
TEL 0120-56-4622

instagram
https://www.instagram.com/smartroof.yamamotokawara/

facebook
https://www.facebook.com/smartroof4622/



記事を書いた人 犬飼 亮平

リフォームアドバイザー
お客様と同じ目線で寄り添った対応・接客を考えております。
 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ