屋根葺き替え工事 乾式コンクリート瓦からセラマウントへ


こんにちは!
山本瓦工業の犬飼です。

前回、ご紹介しましたおススメ瓦の三州野安の軽量瓦『セラマウント』の屋根葺き替え工事の様子をご紹介致します。
https://www.smartroof.jp/blog/blogs/blog-yanekawara/blog-11391/



1.瓦の撤去


乾式コンクリート瓦から陶器瓦に葺き替えるので先ずは、乾式コンクリート瓦を撤去処分致します。
塵やホコリを、綺麗に掃除致します。

瓦の内部にも意外と塵やホコリが、溜まります。
掃除などは、葺き替えの時にしか出来ないのでこのタイミングでしっかりと掃除します。

こちらの、乾式コンクリート瓦の商品名はホームステッドといい廃盤商品になりますので、もし飛んだり、割れたりすると商品が出回っていない為、補修不可になります。



2.ルーフィング施工


次は、ルーフィングを重ね葺きして防水性を高める工事に移ります。

撤去・掃除をした屋根葺き替え工事の次の工程、 防水シート(ルーフィング)を施工して防水性を高める工事になります。
当社は業界シェアNO.1の田島ルーフィングのゴムアスファルトルーフィング、 PカラーEX+を標準採用しています。
瓦と同じく、防水シート(ルーフィング)を軒先から順に貼っていき、 10㎝ほど重ねて施工していきます。


3.桟木施工


次に防水シート(ルーフィング)の上にルーフテープを貼り、 桟木(下地材)を施工します。

これで、万が一台風や強風時に雨が瓦の下に 侵入した際に桟木に雨水が溜まる事無く軒先に排水されます。


最近は良い天気が続いておりますので、 施工も安心して出来ております。


4.瓦葺き



瓦の形はM形瓦で屋根全体で見ると洋風なイメージになります。


施工日は、猛暑日でとても大変な作業でしたが、皆さんに頑張ってもらいました。


セラマウントの防災性能は、接合部がガタつきを防ぎ、台風・地震に抜群の強さを発揮します。
また、ウォーターブレーキング機能とウォータージャンプ機能を備えております。
こちらは、瓦の重なり部分の防水壁を高くして水返し機能を強化された瓦になります。









屋根リフォームでお困りのことは何でもご相談下さい。

屋根、外壁、雨とい、雨漏り修理の事なら豊橋市で屋根外壁リフォーム実績No.1の山本瓦工業まで、お気軽にお問合せください。

山本瓦工業グループ「スマートルーフ」

〒440-0814
愛知県豊橋市前田町2-9-10
TEL 0120-56-4622

instagram
https://www.instagram.com/smartroof.yamamotokawara/

facebook
https://www.facebook.com/smartroof4622/



記事を書いた人 犬飼 亮平

リフォームアドバイザー
お客様と同じ目線で寄り添った対応・接客を考えております。
 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ