銅板製谷樋による雨漏りの改修方法



こんにちは!
山本瓦工業の鬼木です。

今回は銅板製谷樋による雨漏りの改修方法をご紹介します。


1.屋根谷樋とは

 


まず、「谷樋」とは谷という漢字の通り、屋根の中で谷構造となっている部分の事を指します。

屋根に落ちる雨水を集め、排水する役割を持っています。
そのため屋根の中で最も雨水が集中します。


長い年月をかけて同じ個所に雨水が集中して落ち、その雨水に含まれた砂埃等により銅板が摩耗し穴が開いてしまいます。

 

2.銅板谷樋改修方法

改修方法は、銅板の上にステンレス又はガルバニウム鋼板をカバーします。

共に腐食に強い素材なので、谷樋に最適な素材です。
直接銅板の上にカバーしてしまうと、電蝕を起こしてしまう為、中間に防水シートを挟み電蝕を防ぎます。

≪施工方法≫
①施工前
※集中的に雨水が当たり続けた箇所は、銅板の摩耗が確認出来ます。
(茶の銅色をしている部分)


②谷樋廻りの瓦めくり


③防水シート敷き

④ステンレス又はガルバニウム鋼板による谷樋施工


⑤めくった瓦の復旧


谷樋は普段なかなか確認することの出来ない箇所です。
劣化していても雨漏りしてから、気付かれる方がほとんどです。

20年以上の住まいで、和瓦を使用されている方は注意が必要です!

スマートルーフではドローンを使用した屋根点検を無料で行っています。

屋根、外壁、雨とい、雨漏り修理の事なら豊橋市で屋根・外壁リフォーム実績No.1の山本瓦工業まで、お気軽にお問合せください。

山本瓦工業グループ「スマートルーフ」

〒440-0814
愛知県豊橋市前田町2-9-10
TEL 0120-56-4622

instagram
https://www.instagram.com/smartroof.yamamotokawara/

facebook
https://www.facebook.com/smartroof4622/


公式Youtube

記事を書いた人 鬼木 公兵

リフォームアドバイザー
笑顔でお客様に寄り添った提案をしていきます。

 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ