急勾配屋根の棟部改修を行いました!!


お問い合わせ内容

こんにちは!
山本瓦工業の牧野です。

今回は、急勾配屋根の棟部の改修工事についてご紹介します。

棟部とは、瓦の屋根の頂点の部分のことを言います。


お客様からのお問い合わせの
内容は、「一昨年の台風24号で棟部の瓦がズレているので、直して欲しい」というものでした。

 


ドローン調査してみると…

ドローンを使用して屋根の調査を行うとお問い合わせを頂いた部分だけではなく、反対側の棟部の漆喰が剝がれ落ちて棟部の瓦が落ちてしまいそうな箇所が見受けられました。


棟部に関しては、
のし瓦を積んでいない棟の為、漆喰施工部分が多く、雨水が浸入すると、漆喰が剝がれやすくなります。

 

そうなると雨漏りの原因になるだけでなく、強度も低下してしまいます。 

台風への対策及び、近い将来に発生すると予測されている大きな地震への備えにも繋がりますので、漆喰工事ではなく、全体的な棟部の改修工事をご提案いたしました。


棟部改修 工程①

施工方法は、既存の棟瓦を取り外して、既存の漆喰、葺き土を撤去します。




棟部改修 工程②

屋根の下地に専用の棟金具を取り付け、その金具に垂木を取り付けます。





 

棟部改修 工程③

垂木の、今回は南蛮漆喰ではなく、乾式面戸シートを施工します。


屋根の勾配が、急勾配の為、南蛮漆喰ではしっかりと固定出来ない可能性が考えられるからです。


乾式面戸シートで施工すると、瓦屋根の形状に沿って隙間無く
貼り付けることが出来て、紫外線や酸性雨にも強く、耐久性・防水性が格段にアップし、軽量化を計ることも出来ます。


完成!

最後に、棟瓦を復旧し、パッキン付きのビスで固定して完成です


 

仕上がり

この工事を行うことにより、しっかりと補強され、全体的に耐震面アップします







棟部は瓦の屋根の頂点の部分ですので、雨漏りしやすい部分でもあります。 

棟部の改修工事に、少しでも興味を持って頂けたのなら、是非一度、お問い合わせください‼ 

Facebook、Instagram随時更新しております! 
いいね!、コメントお待ちしております! 
シェアも大歓迎です! 

 

屋根、外壁、雨とい、雨漏り修理の事なら豊橋市で屋根外壁リフォーム実績No.1の山本瓦工業まで、お気軽にお問合せください。 

 

 

山本瓦工業グループ「スマートルーフ」 

 

 

440-0814 

愛知県豊橋市前田町2-9-10 

TEL 0120-56-4622 

 

instagra 

https://www.instagram.com/smartroof.yamamotokawara/ 

 

 

facebook 

https://www.facebook.com/smartroof4622/ 

 



記事を書いた人 牧野 剛三

住宅建材営業6年、仮設足場営業9年を経験。
「足場作業主任者」の資格を所持。
「安全・安心」をモットーにお客様の立場になって、最善・最適なプランをご提案いたします。
 
屋根カバー

スマートルーフについて

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ