【プロが教える】屋根の軒先面戸って何?その役割は?



こんにちは!
山本瓦工業の犬飼です。

皆様は軒先面戸と言って、どの場所を想像しますか?
そもそも軒先面戸って何のためにあるのかご存じでしょうか?

今回は、あまり知られていない軒先面戸をお伝えいたします。

1.軒先面戸とは



軒先面戸とは、軒先瓦と屋根下地の隙間を埋める為の役物です。

この場所は、元来土葺き工法(湿式工法)の場合漆喰で隙間を埋めてきましたが、近年では、乾式工法(引っ掛け桟葺き工法)になり、プラスチック製や金属製と幅広い軒先面戸が出てきており施工の幅が広がっております。

 

2.軒先面戸の役割


軒先面戸の役割とは、雨水の浸入や風の吹き込みを防止できます。雨水の浸入を防止することがきれば、雨による腐食を防止することができます。
また、瓦との間に隙間ができると鳥(スズメ)や虫(蜂)、小動物などが入りこむ可能性が御座いますが、そちらを防ぐ役割もあります。

 

3.軒先面戸のリフォーム

 

軒先面戸のリフォーム方法ですが、軒先の漆喰は塗り直しても剥がれやすいですので、現在では、プラスチック製の面戸板を瓦座に取り付ける工事が主流になります。
また、板金で作られた面戸板も出てきており、そちらもお勧めです。

お住いの軒先を確認してみてはいかがでしょうか?



軒先板金面戸の取付工事の動画です↓↓
ご覧ください!
https://youtu.be/nMC-Roj1d5c


屋根リフォームでお困りのことは何でもご相談下さい。

屋根、外壁、雨とい、雨漏り修理の事なら豊橋市で屋根外壁リフォーム実績No.1の山本瓦工業まで、お気軽にお問合せください。

山本瓦工業グループ「スマートルーフ」

〒440-0814
愛知県豊橋市前田町2-9-10
TEL 0120-56-4622

instagram
https://www.instagram.com/smartroof.yamamotokawara/

facebook
https://www.facebook.com/smartroof4622/



記事を書いた人 犬飼 亮平

リフォームアドバイザー
お客様と同じ目線で寄り添った対応・接客を考えております。
 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ