しっくい補修はなぜ必要?

瓦は劣化しませんがしっくいは劣化します

耐久年数の長い瓦と異なり、瓦の固定や接着に用いられるしっくいは、雨風や直射日光に晒され時間と共に劣化します。

そもそもしっくいとはなにか

しっくいの歴史は古く、約5000年も前から世界中で使われています。
日本が世界に誇る世界遺産、姫路城の美しい白壁にも、しっくいが用いられています。

瓦屋根においては、瓦を固定・接着するためにしっくいが用いられています。
瓦そのものの耐久年数は非常に長いですが、瓦同士を接着しているしっくいは、瓦よりも早く時間と共に劣化していきます。 劣化を放置しておくと、さまざまなトラブルの原因となります。

しっくいの劣化が住まいに悪影響を及ぼします

瓦の割れ・欠け
瓦のずれ

しっくいが劣化することで、瓦の固定力が弱まります。 そうすると、瓦が動きやすくなり、ずれが生じやすくなります。それだけならまだしも、動きやすくなった瓦同士が干渉し合うことで、割れや欠けも発生しやすくなります。

瓦のずれや割れ・欠けを放置しておくと、雨水の侵入を許し、雨もりの原因にもなります。また、強風や地震時に瓦が落下するリスクも高まるので、大変危険です。

手遅れになる前に
しっくいのメンテナンスを
しましょう!

しっくい補修は大別すると2つの方法があります

しっくい詰め直し工事
棟瓦取り直し工事

しっくい詰め直し補修

しっくいを新しく詰め直します。しっくいの崩れや剥がれなどの劣化が比較的軽微な場合に行われます。
この状態の時にお手入れすれば、メンテナンス費も抑えられます。

流れ

しっくい詰め直し施工事例

プラスチック面戸取付

既存しっくいの剥がれ等が見られず変色のみの場合や、軒先の面戸しっくいの剥がれには「プラスチック面戸」の取付を行ないます。
軒先のしっくいは補修しても剥がれやすく、工事に足場を必要とするために長期間メンテンス不要な「プラスチック面戸」をビスで固定するリフォームが最適です。

流れ

軒先プラスチック面戸施工事例

どちらの工法が
適しているか、
屋根のプロが診断します!