屋根リフォームの種類

屋根リフォームには大きく分けて「葺き替え工法」「カバー工法」「修繕・補修」の三つの種類があります。
それぞれ全く異なる特徴の工法ですので、屋根の形状や費用から見て、どの工法がお家の屋根に最適かを事前にしっかり見極める事が大切です。そのためには屋根リフォームの基礎知識を押さえておく事が重要になります。
ここではそれぞれの工法との内容について、解説いたします。

屋根リフォームは大きく三種類あります

屋根葺き替え
葺き替え
カバー工法
カバー工法
修繕補修
修繕補修

各リフォームの種類について解説いたします!

屋根葺き替え工法とは

葺き替え工法のメリット

1:屋根材とともに下地もすべて新しく取り替えるため、家の寿命が伸びます。
2:軽い屋根にすることで、耐震性が高まります。
3:美観アップだけではなく、防水シートなども交換する為、防水性能、防水寿命が飛躍的にあがります。

葺き替え工法のデメリット

1:費用が高くなる
2:工事期間が1週間から、大規模工事の場合には1ヶ月超えるケースがあります。

葺き替えの流れ

カバー工法とは

カバー工法のメリット

1:屋根材の解体や処分がない分費用を抑えられます。
2:屋根を二重にするため、遮音性・断熱性が向上します。
3:工期期間が短いです。

カバー工法のデメリット

1:既存の屋根に被せる工法なので、下地が腐っている場合は、完全な補修ができない場合があります。
2:屋根の状況により問題があると施工できない可能性があります。

カバー工法の流れ

屋根補修とは

屋根補修のメリット

1:不具合や気になる部分のみを改善できるのでコストが抑えられます。
2:工期期間が短いです。

屋根補修のデメリット

1:あくまで部分的な補修になるので、定期的なメンテナンスが必要となってきます。
2:補修は何度か繰り返し行うと費用が割高になってしまいます。

屋根補修の流れ

屋根補修の流れ

価格表はこちら

屋根リフォームでお悩みなどございましたらどうぞお気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちらから