雨もり修理はなぜ必要?

雨もりは屋根の
危険信号です。

雨もりを放置をしておくと、木材などが腐り劣化し、家が倒壊する可能性がございます。
そうなってしまう前に根本的な原因を発見し、修繕する必要があります。

そもそも
雨もりはなぜしてしまう?

雨もりが起きる原因は3つあります。
1つは施工不良による、2つめは防水シートや使用した商材の劣化、3つめは塗装やコーキングによる雨もりがございます。
こちらを放置してしまいますと、お家が劣化してしまい、お家の寿命を縮めてしまうことになります。

雨もりを放置すると
悪影響を及ぼします

雨もりしてしまい、湿度が高くなった状態が長く続くと、木造部分は腐食し始めます。
最初の軽度の腐食だったとしても、天井裏など日の入らない場所だと、腐食はどんどん進行していってしまいます。さらに、腐食するだけではありません。雨などで湿気た木はシロアリの大好物ですので、被害も起きてしまいます。腐食とシロアリ被害が同時に進行してしまうと、家の寿命はどんどん短くなっていってしまいます。

雨もりは、家の問題だけではなく家族の健康にも害があります

雨もりしてしまうと、湿気ってしまいます。湿気が多くなるとカビが発生しやすくなります。そうなると、カビのせいで、カビの種類によってはアレルギー感染してしまう可能性もございます。
説明した通り、色々な被害を誘発させます。
早く雨もりを見つけることができれば、家への被害を抑えることができます。

手遅れになる前に
メンテナンスを!

メンテナンス・施工の流れ

どちらの工法が
適しているか、
屋根のプロが
診断します!