雨どい工事はなぜ必要?

雨どいの劣化は住まいの劣化につながります

屋根だけではなく、雨どいも劣化します

耐久年数の長い瓦と異なり、屋根から落ちてくる雨を受け止めて流す雨どいは、風雨や強い直射日光の紫外線や熱に晒され、時間と共に劣化します。

そもそも雨どいとは何か

屋根を流れる雨水を軒先に集め、地下や下水まで導いて排水する部材です。
家屋に直接雨水が落ちるのを避け、腐食や外壁の汚れを防ぐ役目をしています。

基本的に塩化ビニール樹脂やガルバリウム鋼板など、強固な素材で作られています。雨どいの寿命は20~25年ほどと言われ、劣化を放置しておくと、さまざまなトラブルの原因となります。

雨どいの劣化が住まいに悪影響を及ぼします

雨どいの変形
経年劣化

雨どいが劣化することで、家屋の外部劣化や腐食も同時に早めることにつながります。
更に、雨どいが外部劣化で変形したりゴミが詰まったりしてしまうと、雨水が逆流し、といの役割を果たすことができなくなってしまい、オーバーフローします。

手遅れになる前に
雨どいのメンテナンスを
しましょう!

雨どいを補修するには2つの方法があります。

雨どいの塗り替え
雨どいの取り換え

雨どいの塗り替え

割れや歪みのない、比較的に劣化が軽い場合は雨どいを新しく塗り直します。 この状態の場合のメンテナンスですと、トータルを考えた時にコストを抑える事が可能です。

流れ

施工事例画像

雨どいの取り替え

劣化が進行し、割れや歪みを生じている場合、雨どいの素材自体が寿命を迎えており新しく交換する必要があります。最新の雨どいは高耐候性の商品も多く、大型化しており排水性もアップしております。

流れ

施工事例画像

どちらの
メンテナンスが
適しているのか、
屋根のプロが診断します!