シーリングが担っている役割と施工方法


こんにちは!
山本瓦工業の鬼木です。


今回はシーリングが担っている役割と施工方法について説明します。

サイディングのジョイント部分に施工されているゴムのような弾力のある素材を、シーリング材(コーキング材)と呼びます。これらは2つの役割を担っています。



1.シーリングが担っている役割



①サイディングの伸縮を吸収
サイディングは、1年の寒暖差により数ミリ伸縮します。
シーリングの柔軟性が保たれていることにより、1年を通じた伸縮にも追随することが出来ます。


②サイディングのジョイントから雨水の侵入を防ぐ 
シーリングが劣化し機能が発揮されていない状態が続くと、劣化部から水分が入り込んでしまいます。
すると、防水紙を固定しているタッカーや胴縁を固定している釘などから構造壁の内部まで浸入する可能性が危惧されます。
シーリングは常に弾力を持った状態であることが重要になります。




2.シーリング打ち替えと打ち増し施工方法


シーリング施工方法には2つあります。

①打ち替え
既存のシーリング材を完全に撤去して、新たにシーリング材を充填する方法です。
主に目地で施工する方法です。



②打ち増し
既存のシーリング材の上に、新たにシーリング材を充填する方法です。
開口部回りのシーリングの下には、建物の防水性能に直接影響する部材が隠れている場合があります。



既存のシーリング撤去時に破損してしまうリスクが考えられる時は「打ち替え」ではなく、「打ち増し」を選択します。
 
シーリングは外壁塗装を行う前の重要なポイントになります。
弊社では、既存のシーリングの状態はもちろん、作業に伴うリスクなどもしっかり把握した上で「打ち替え」「打ち増し」を行っています。


スマートルーフではお客様に、より良い工事内容を検討してご提案させていただきます。

屋根、外壁、雨とい、雨漏り修理の事なら豊橋市で屋根・外壁リフォーム実績No.1の山本瓦工業まで、お気軽にお問合せください。

山本瓦工業グループ「スマートルーフ」

〒440-0814
愛知県豊橋市前田町2-9-10
TEL 0120-56-4622

instagram
https://www.instagram.com/smartroof.yamamotokawara/

facebook
https://www.facebook.com/smartroof4622/


公式Youtube

記事を書いた人 鬼木 公兵

リフォームアドバイザー
笑顔でお客様に寄り添った提案をしていきます。

 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ