屋根材別のメンテナンス時期を知ろう!


こんにちは!
山本瓦工業の榑林です。

今回は、ご自宅で1番ダメージの出やすい箇所である屋根のメンテナンスについてお伝えしたいと思います。


1.スレート系

点検目安:7~8年
日本で数多くの自宅で使用されている屋根材です。劣化すると表面の割れや反り、下地の腐食などが発生してしまう。





2.セメント系

点検目安:10年~15年
セメントと川砂を混ぜたモルタルを型に入れて形成し塗装したもの。
紫外線・雨風・温度変化などで塗膜の劣化が進行すると素材のセメントの劣化につながる。 
※現在ではほとんどのセメント瓦は製造されておりません。






3.粘土系

点検目安20~30年
寿命が長く、塗装の必要性がありません。
瓦の汚れ・漆喰の剥がれなどにより雨漏りしたり、瓦のズレを生じることがあります。
苔や雑草を放置すると雨水を屋根に引き込む原因となります。






4.金属系(ガルバリウム鋼板)

点検目安15年~20年
ガルバリウム鋼板にはアルミニウムが55%含まれており従来の金属トタンよりも高耐侯が期待できます。



5.陸屋根(防水)

点検目安10年
屋上部分が平らな屋根の事です。雨水の排水が必要なので、わずかに勾配があります。通常の屋根とは異なる為屋防水機能が重要です。



屋根材には様々な種類と特徴があり耐侯年数も違います。
メンテナンスは劣化症状が出てから行うのではなく、症状が出る前に行う事により素材の寿命を延ばす事ができます。

ご自宅を綺麗な状態で保ち、長く安心して住むためには定期的なメンテナンスが欠かせません。

前回のリフォームから10年以上経過しているのであれば一度、屋根外壁診断致しませんか?               

山本瓦工業グループでは屋根無料診断を行っております。

屋根のメンテナンスをご検討の方は是非、山本瓦工業グループのスマートルーフに何でもご相談下さい。

屋根リフォーム施工事例ページはこちら↓
https://www.smartroof.jp/works/

屋根、外壁、雨とい、雨漏り修理の事なら豊橋市で屋根外壁リフォーム実績No.1の山本瓦工業まで、お気軽にお問合せください。

山本瓦工業グループ「スマートルーフ」

〒440-0814
愛知県豊橋市前田町2-9-10
TEL 0120-56-4622

instagram
https://www.instagram.com/smartroof.yamamotokawara/

facebook
https://www.facebook.com/smartroof4622/


公式Youtube


記事を書いた人 榑林 涼

リフォームアドバイザー
お客様とのコミュニケーションを大切にし、お客様目線でわかりやすい説明・より良いご提案を致します。
 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ