スレート屋根の寿命は何年?劣化症状は5つ!



こんにちは!
山本瓦工業の鬼木です。

1.スレート屋根の寿命年数

 

瓦屋根より軽量で、スマートなデザインが人気のスレート屋根ですが、塗膜により防水が保たれる商品で、その寿命は短く、25~30年程度で交換が必要となってしまいます。 

メンテナンスを実施していないスレート屋根は、経年劣化により保水してしまう為、雨漏りに繋がります。

下地まで傷んでしまった場合には、大規模な改修工事が必要となり、大きな費用が掛かってしまうことになります。

メンテナンスの実施時期を知る為に、劣化症状をいくつかご紹介します。

 

2.スレート屋根の劣化症状


①色褪せ
工場出荷時に塗られていた塗料が、紫外線によって劣化する為、退色します。
塗膜の効果が無くなってきているサインです。


②コケ
防水性能が失われ、雨水等を浸透させてしまう為に、コケが発生してしまうようになります。


③反り
雨天時は水を含み膨張し、晴れの日は乾いて収縮し、その繰り返しで反りが発生します。
一度反ってしまったスレート屋根は元には戻りません。


④ひび割れ
反りと同様に、膨張と収縮のその繰り返しでひび割れが発生します。


⑤割れ
ひび割れが進行すると割れに繋がります。
割れの箇所が多数見受けられるようになった時は、塗装でのメンテナンスは不向きです。

金属などの軽量屋根材を被せ葺きするカバー工法や、葺き替えをお勧めします。


メンテナンスを放置すると年々劣化は進行していきます。
お住まいのスレート屋根はいかがでしょうか?

スマートルーフではドローンを使った無料屋根点検を行っています。


屋根、外壁、雨とい、雨漏り修理の事なら豊橋市で屋根・外壁リフォーム実績No.1の山本瓦工業まで、お気軽にお問合せください。

山本瓦工業グループ「スマートルーフ」

〒440-0814
愛知県豊橋市前田町2-9-10
TEL 0120-56-4622

instagram
https://www.instagram.com/smartroof.yamamotokawara/

facebook
https://www.facebook.com/smartroof4622/


公式Youtube

記事を書いた人 鬼木 公兵

リフォームアドバイザー
笑顔でお客様に寄り添った提案をしていきます。

 
屋根カバー

スマートルーフについて

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ