棟部改修工事について!!

こんにちは、山本瓦工業の牧野です。

今回は、棟部の改修についてご紹介します。
棟部とは、瓦の屋根の頂点の部分の事を言います。
棟部には、のし瓦が積んである棟と
のし瓦を積んでいない棟があります。
のし瓦を積んでいない棟は、漆喰施工部分が多く、雨水が侵入すると漆喰が剥がれやすくなります。

そうなると、雨漏りの原因になるだけでなく、強度も低下してしまいます。
そうなる前に棟の改修工事をオススメします。

施工方法は、既存の棟瓦を取り外して、既存の漆喰、葺き土を撤去します。
屋根の下地に専用の棟金具を取り付け、その金具に垂木を取り付けます。
垂木の両側に南蛮漆喰を施工します。
棟瓦を復旧し、パッキン付きビスで固定します。

この工事を行う事により、耐震面もアップしますので、のし瓦を積んである棟にも対応可能です。

台風対策だけでなく、地震への備えにも繋がります。
漆喰補修をお考えの方は、一度棟部の改修もぜひご検討ください!!



屋根、外壁、雨樋、雨漏り修理の事なら豊橋市で屋根外壁リフォーム実績No.1の山本瓦工業まで、お気軽にお問合せください。


山本瓦工業グループ「スマートルーフ」


〒440-0814
愛知県豊橋市前田町2-9-10
TEL 0120-56-4622

instagram
http://www.instagram.com/smartroof.yamamotokawara/

facebook
https://www.facebook.com/smartroof4622/

 
屋根カバー

スマートルーフについて

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ