金属屋根カバー工事第三弾‼


カバー工法までの経緯

こんにちは!
山本瓦工業の牧野です。

今回は、カラーベスト屋根から金属屋根へのカバー工法の施工中の状況についてお伝えする第弾です‼

当初の予定では、屋根も外壁も塗装工事を行う予定でしたが、屋根に関しては、一度もメンテナンスを行っていないため、カラーベスト本体の塗膜の劣化がかなり進行しており、全体的に色褪せが目立ちました。



今回のお客様は、長期的に住むことを検討されていましたので、出来る限りメンテナンスフリーになる金属屋根カバーのカバー工法をご提案しました。


工程1 防水紙を貼る

最初に粘着性の強い防水紙(ルーフィング)を張ります。



ルーフィング施工状況



ルーフィング完成写真




金属屋根の本体部材を屋根の上に上げて、飛散しないように固定します。


工程2 水切りを取り付ける

次に、軒先部分等の先端部分に水切りを取り付けます。




万が一、雨水が防水紙の上に浸入した場合、水切りが雨水を受けて雨樋へ流す為です。

袖部も同様に取り付けます




軒部と袖部の取り合い



工程3 屋根下地の補修

1F屋根の下地の一部分が腐食して、屋根材自体(カラーベスト本体)が浮き上がっていました。




ルーフィングを施工する前に屋根の下地の補修を行いました。



工程4 屋根材を葺きあげる

次に、本体を軒先部分から葺き上げていきます。


トップライト廻り




完成!

最後に、本棟の板金を取り付けて完成です。




完成写真




壁際雨押え板金の下地の状況




壁際雨押え板金




金属屋根本体



仕上がり

今回は、屋根の下地の腐食を発見して、補修することが出来たことに加え、断熱性・耐久性もアップし、ほぼメンテナンスフリーなり、お客様が満足する仕上がりになりました‼


 

自宅の屋根がカラーベスト屋根で、金属屋根でのカバー工法にちょっとでも興味をお持ちいただけたのなら是非一度、豊橋市で屋根外壁リフォーム実績№1の山本瓦工業㈱までお気軽にお問い合わせください。お待ちしております‼ 

 

Facebook、Instagram随時更新しております! 
いいね!、コメントお待ちしております! 
シェアも大歓迎です! 

 

屋根、外壁、雨とい、雨漏り修理の事なら豊橋市で屋根外壁リフォーム実績No.1の山本瓦工業まで、お気軽にお問合せください。 

 

 

山本瓦工業グループ「スマートルーフ」 

 

 

440-0814 

愛知県豊橋市前田町2-9-10 

TEL 0120-56-4622 

 

instagra 

https://www.instagram.com/smartroof.yamamotokawara/ 

 

 

facebook 

https://www.facebook.com/smartroof4622/ 

 


記事を書いた人 牧野 剛三

住宅建材営業6年、仮設足場営業9年を経験。
「足場作業主任者」の資格を所持。
「安全・安心」をモットーにお客様の立場になって、最善・最適なプランをご提案いたします。
 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ